困った時のイタチ駆除は法令に触れるべからず|万全の策をたてる

作業員

ドブから来る小さな害獣

男性作業員

ねずみ駆除には、かなり費用がかかります。しかし、そのままにしておくと生活する上で被害を及ぼします。最悪の場合、病気になってしまうこともあるのでそういったリスクを未然に防ぐためにも業者に対策をとってもらいましょう。

View Detail

コウモリの巣食う屋根裏

考える女性

コウモリ駆除は、専門の道具が必要になってきます。コウモリは法令によって捕獲できない害獣とされているので、専門のコウモリ駆除業者に依頼して追い払ってもらいましょう。

View Detail

害獣を守る法令

イタチ

イタチは害獣として扱われていますが、駆除をするためにはイタチを理解する必要があります。まずは、イタチの特徴について確認していきましょう。イタチの胴体が30cmから40cmほどで、尻尾が10cmから20cm程度でしょう。胴体から尻尾まで合わせるとおおよそ体長は40cmから50cmほどになります。日本でよくみかけるイタチの種類で、ニホンイタチとチョウセンイタチという種類がいます。ニホンイタチが在来種なのに対し、チョウセンイタチは文字通り朝鮮などに生息している外来種です。作物などに被害を及ぼす生き物として、害獣とはされていますが、メスは非狩猟獣とされているため捕獲をすることはできません。
では、イタチ駆除はどのようにして行えばよいでしょうか。専門のイタチ駆除業者に依頼して行なう対策は大きくわけて3つです。1つは捕獲ケージにて捕まえることです。しかし、先に説明したようにメスは捕まえることができないので、この方法が使えるのはオスに限ります。また、捕まえたとしても「鳥獣保護法」の対象であるため傷つけたりしないようする必要があります。他には、イタチの嫌がる臭いを放つ忌避剤を設置する方法があります。忌避剤は、狩猟ではないためオス・メスともに有効なイタチ駆除の方法です。イタチは学習能力が高いため、何度か同じ方法を繰り返すとその場所に近寄らなくなります。最後は、ストロボ光を当てる方法です。この方法は単純でイタチに人に見つかったと錯覚させるものです。人に見つかると、警戒心が強いイタチは逃げ出します。こういったイタチ駆除は専門の業者に依頼すると、駆除から再来防止まで行なってくれるので困った場合には依頼してみてはいかがでしょうか。再発の確立を限りなく無くすようにしましょう。万全の策をたてるようにしましょう。

業者の選び方

一軒家

害虫駆除の業者は数多くあるため、その業者選びで迷ってしまうこともあるでしょう。業者ごとに違う料金やサービス、注目すべき点はいくつかあります。その中で確認していくつか見ておきたい点について紹介しています。

View Detail